FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりの更新がこのような内容っていうのもあれなんだけど、どうしても書き留めておきたくて。

なんだかまだピンとこない。
ショックとも違うし、信じられないというのとも違う気がする。
テレビやネットで、逝去とか死去とか享年34歳とかいう文字を見てもなんか現実のものとは思えない。

なんでだろ?知り合いでもないのに。
ずっとそればかり考えています。

私はマリノスのサポーターではないです。
でもマリノス戦以外、生でサッカー観戦したことはほとんどありません。

2003年だか2004年の完全制覇の現場にもいました。あの頃はかなりスタジアムに行ってました。
でも要はにわかファンで、一緒に観戦してる友達とお酒飲みながらワーワーいってるのが楽しかっただけでした。
結局今でもルールとか戦術とか全然わからないし。

さらに松田は特別好きな選手ではありませんでした。
去年の退団はそりゃビックリしたけど、正直、山瀬の方が好きだったんで、そっちの方がショックで。

でもとにかくマリノスの試合を面白くしてくれたのは、いろんな意味で(笑)松田直樹です。
試合が劣勢になるととにかく前に出る(笑)
あんたのポジションどこよ?とど素人のわたしでも何度も突っ込ませて頂きました(笑)
それで逆に攻め込まれて、慌てて戻る姿がまた笑える。
直樹どこー?と探すこともしばしば。
それが毎回なんで、あーあまただよ。とあきれるというかもはや微笑ましく見てました。
恐らく全観客がお母さんみたいな気分だったと思います。もうこの子ったら。みたいな。

それで何が言いたいかっていうと、それだけこの人が現場で元気に動いてたところを見てたんだなーって。

私はまだ身近の人を亡くしたことがありません。
もしかしたら、知り合いでもなんでもないこの人の死が一番、わたしにとって死というものを身近なものだと考えさせた初めての存在なのかも。

そんな気がしています。


Twitterの「#マツ暴走伝説」タグ、面白いから必見です。良かったら是非。


大好きな選手でした。
スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイト松田直樹選手の死

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。